勉強会ブログ

第二回生活相談員勉強会

2015年6月29日7:17 PM

 

こんにちは!!

 

勉強会委員、根岸の佐藤です。

 

本日は、6月5日(金)に行われた第2回生活相談員の勉強会のブログです!!!!!

 

 

この日は、リハビリデイサロン海さんから2名の方が参加してくださりました。

 

ありがとうございます!!

 

2回目の相談員の勉強会は、介護保険制度についてでした。

 

概要や保険者、被保険者、介護保険の利用の流れや平成27年度の改正についてなど介護保険制度の基本的なことを学びました。

 

 

 

 

介護保険の勉強をする前に自分自身の趣味やはまっていること考えいろいろな人と自己紹介を兼ねて発表しあいました。

 

生相②1

IMG_20150605_185659

 

 

 

そして、とても盛り上がったのは、16個の特定疾病をグループごと話し合い出していき当てていくクイズです!

 

 

 

 

 

 

それぞれのグループの代表が前にでて一つずつ当てていきます!

(パスは3回まで!!!!!?笑)

 

言葉は知っていても漢字がでてこない。。

 

 

ちなみに16個の特定疾病とは

 1.末期がん 2.関節リウマチ 3.筋萎縮性側索硬化症 4.後縦靭帯骨化症

5.骨粗鬆症 6.若年性認知症 7.パーキンソン病 8.骨髄小脳変性症

9.脊柱管狭窄症 10.早老症 11.多系統委縮症 12.糖尿病 

13.脳血管疾患 14.閉塞性動脈硬化症 15.慢性閉塞症肺疾患 16.変形性関節症

 

上記の16個になります。

 

みなさん、すべて答えられましたか?

 

16個すべて答えるのはとても難易度が高いですね。

でも、とても大事なことなのでしっかり覚えておきたいですね!

 

 

 

介護保険制度についてはもっともっと勉強していき、利用者様に何か聞かれた際にしっかりと答えられるようにしていきたいです。

 

 

 

 

それでは、ここらへんで第二回目の生活相談員のブログを終わりにしたいと思います。

 

 

 

ありがとうございました。

第3回介護職員スキルアップ研修

2015年6月13日7:15 PM

 

皆さんこんにちは、勉強会委員高田です。

 

今回は、6月9日(火)に行われた、第3回介護職員スキルアップ研修の様子についてお伝え致します。

 

接遇の座学・実習、下肢のストレッチの2部構成で行われました。

 

接遇の座学・実習では、秋元先生の分かりやすい説明で、和やかなムードで行われました。

2015060919120001 2015060919130000 2015060919130001 2015060919220000

接遇の実技の様子。

利用者様と話をする時の、距離の取り方、目線の合わせ方、対する角度等、実習を通じて分かりやすく、理解を深めていきました。

 

続いて大井先生のストレッチ講座

2015060920030000 2015060919390000

熱心にストレッチの指導をする大井先生。

 

2015060919540001

皆さん、熱心に教わった内容をメモしています。

 

2015060919430000 2015060919420001

講師陣とペアになりストレッチ練習。

実際にストレッチに入っている方と、そうでない方でペアを組みストレッチ練習。

お互いに「もっとこうした方が良いのではないか?」等と意見が活発に飛び交い、活気のあるムードで勉強会が進行していきました。

 

和気あいあいとしたムードで、基本から専門的なことまで、介護技術を学べます。

是非皆さんも参加しませんか!お待ちしています。

 

勉強会委員 高田

第二回介護職員スキルアップ研修

2015年6月12日7:22 PM

 

 

こんにちは勉強会委員、根岸の佐藤です。

 

5月26日(火)に行われた第二回目の介護職員スキルアップ研修(リハヘル)のブログを書かせていただきます!!

 

今回のリハヘルはデイリハセンター花の里から三名の方が参加してくださりました。

 

ありがとうございます!!

 

今回の勉強内容は、一つ目は、講師西田さんによる『骨・筋の基本的解剖』でした。

 

骨については

 

  1. 支持機能
  2. 運動機能
  3. 保護機能
  4. 造血機能
  5. カルシウム、リンなどの貯蔵の役割があるということを勉強したりそれぞれの骨の役割などを勉強しました。

     

 

皆さん、『ローテーターカフ』ってご存知ですか??

 

骨と骨をつなぐ役割のことをさすそうです。

 

ちなみに私は初めて聞きました。

 

次に筋については、普段利用者様が行っているゴムやボール、マシンの運動を行っている際にどこの筋肉を使っているかなどについて勉強しました。

DSCN2007

 

二つ目は、今年のリハヘル初の講師大井さんによるストレッチの勉強を行いました。

 

 

DSCN2008

 

 

 

 

今回は、下肢のストレッチを勉強しました。

 

 

 

肩もみぐらいしかやったことのない私はとても難しかったです。

 

二人組をつくりお互いにストレッチを行いどのくらいの力を入れると痛いのかなど言い合いながら行いました。

 

 

DSCN2010

 

 

 

覚えたストレッチを家族にしてあげたいと思います!!!

 

 

 

5月26日(火)2回目のリハヘルのブログはここらへんで終わりにしたいと思います!

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

5月症例検討会

2015年5月21日3:08 PM

こんにちわ。

今回は、症例検討会についてご紹介します。

症例検討会とは、月に1回毎週第3火曜日に行われる勉強会で役職に関係なく参加する勉強会です。各事業所からたくさんのスタッフが参加します。

???????????????????????????????

その月の担当事業所が自事業所の中からお1人利用者様を選出し、その方の初期評価~プログラム立案までの流れ・今後の展望などを発表していきます。それに対してグループごとにもっとこうした方がいいのではないか、こんなアプローチはどうか、この人の目標はどんなことか、ということをグループで話し合い発表することでその症例に対しての考え方を深めていきます。

発表事業所は、それを踏まえて自事業所に持ち帰り症例の対象となった利用者まさにアプローチしていき、3か月後に再び、どの様な取り組みをしてきたのか、その結果を発表していきます。

一人に利用者様に焦点を当て、3か月事業所スタッフ全員で本気で取り組みその成果を共有し、更により良いサービス提供の体制・事業所を作る為に症例検討会はとても重要な勉強会の一つです。

 

今年度は、全体の責任者としてリハビリデイセンター悠(根岸)の金本さんが進行・総評を行っていきます。

???????????????????????????????

昨年度までは、1つのテーブルに管理者・介護職員・生活相談員・機能訓練指導員などすべての職種・役職がそろうようにしていましたが、今年度からは、それを一新し、同じ役職でテーブルを囲み職種ごとに症例について検討することで今まで以上により深く検討することが出来る様になりました。

 

今回は、フィジカルトレーニングセンター悠・大船・林の3事業所からの発表がありました。

?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

発表はスライドを使って説明していきます。

皆さん真剣に発表を聞いています・・・。

発表の後は全体で質問をおこない、その後職種ごとに検討していきます。

??????????????????????????????????????????????????????????????

質問タイム(^_^)/

???????????????????????????????

機能訓練指導員グループ(●^o^●)

 

???????????????????????????????

介護職員グループ!(^^)!

???????????????????????????????

生活相談員グループ(*^^)v

 

各テーブルで話し合われたことを発表します。

発表を聞いた症例担当の事業所は、これを参考にまた三か月後の発表までにより良いサービス提供を目指します。

症例検討で大切なことは、その利用者様に事業所としてどれだけ本気になってその人の事を考えられるかという事だと思います。発表事業所もそれを一番に考えて発表に臨んでいます。

来月は、馬堀・本郷台・杉田の事業所の発表です(☆^^)

頑張って行きましょう!

 

富永

 

 

 

2015年5月15日(金)運動指導者スキルアップ研修内容報告

2015年5月20日6:26 PM

こんにちは、勉強会委員リーダーの高田靖久です。

 

515日に行われた運動指導者スキルアップ研修その内容を報告させて頂きます。

実は皆さんには、写真などを入れて分かりやすく報告をしたかったのですが、上手く写真撮影ができませんでした。

その為、今回は写真なしでご勘弁下さい。次回から気を引き締めて頑張ります。

 

さて、本年度第1回の運動指導者スキルアップ研修は、多くの事業所からの参加、機能訓練指導員以外の方の参加もあり、とても賑やかな勉強会となりました。

インターネットを繋いで福室からの参加もありました。

 

内容としては、佐久間さんの10分間講義、歩行と歩行に関連する筋肉とその作用。

その説明は、さすがPTさん!

専門的な内容を分かりやすく説明して下さいました。皆さんも、佐久間さんの10分間講義、是非聞きにきてみて下さい。

 

また、本年度の運動指導者スキルアップ講座は、疾患毎に評価・訓練内容等を取り上げていくとの事でした。

 

今回は、人工関節置換術について上迫田さんの講義でした。

新患さんが御来所した時に、どの様な評価したらよいか。

問診での注意点から評価までの流れを、実技を交えながら、丁寧に説明して頂きました。

 

その他、ADL動作での注意点(靴下の履き方、浴槽の出入りの仕方、トイレは和式より様式の方が良い、ズボンの履き方、物を取る時の注意点)等、とても参考になる話が多かったです。

 

次回は、人工関節置換術の、リハビリについてのお話が聞けると思い、期待しています。

 

とても分かりやすく、参加者も多く賑やかな勉強会なので、機能訓練指導員だけでなく、他の運動指導に関わっている方の参加、どしどしお待ちしています。

 

勉強会委員 高田

1 / 212